生物多様性をどうやって守る?

1.その地域に固有の生態系を遺すこと

生態系の機能,人為的行動がどのように生態系に影響をおよぼすか,これについて十分に理解できていない.地域に固有の生態系を,「自然のままに」放置すれば望ましい状態が維持できるとは限らない.薪炭林は人手が加わって維持されてきた二次林であり「手つかずの自然」ではなく、いわば「手がついた自然」である。このような二次的自然の多くは産業文明の発展とともに今では放置され,かえってそこに生き残った希少種を絶滅に追い込む恐れがある(松田,2000).

 

人間が守るべきものは,「手付かず」の自然だけではない.程度の差こそあれ,地球上に人為を完全に免れている生態系はない.また,自然の恵みは人間の生活に不可欠である.逆にいえば自然にまったく手をつけずに我々は生活することができない.子孫に自然の恵み遺すには、「手のついた自然」も遺さないといけない.

多くの生態系は非定常である.多くの生態系は,局所的には自然の遷移と攪乱により,絶えず変化してきたはずである.固有性は,今日前にある姿だけでなく,その生態系のなりたちを含めて歴史的に考えるべきである(鷲谷・松田,1998).

 

2.説明責任と順応性