水草のはなし その2

繁殖様式と遺伝的多様性

 同じクローンからなる集団が、特定の病原菌に冒された場合や、長期間の環境変動にどのように対応するのだろうか。

 コカナダモ Elodea nuttallii 例を取り上げると、彼らは北米産の帰化植物であり、雄株しか日本に入っておらず、琵琶湖産のコアユの放流に付いて全国に分布を広げたと考えられている。尾瀬沼でも、一時異常繁殖をして問題になったが、やがて群落は衰退する例が多いのである。この、コカナダモの盛衰は、同一クローンによる病原菌に対する耐性のなさが一因でないかと考えられている(角野, 1997;Kadono et al., 1997)。そして、同じことは在来種でも起こりうることである。

 

 コカナダモ と対照的な例として、兵庫県加古川水系におけるクロモ Hydrilla verticillataの遺伝的多様性を調べた例が挙げられる(Nakamura & Kadono, 2000)。クロモには、雌雄同株と雌雄異株の2系統があり、さらに後者には染色体数で二倍体と三倍体が存在する。

 加古川水系には、これらの全てが出現し、さらに三倍体系統は酵素多型の解析の結果から少なくとも7タイプの遺伝子型に分類された。これらの分布は特徴的であり、川の流れによって一様に分布しているのではなく、上流部や特定の支流にしか分布しない型が存在した。

 この特徴的な分布に関して、どのような生態的分化が起こっているかについては今後の課題である。このことより加古川のクロモの保全について言えば、一部の場所に残ればよいということではなく、遺伝的多様性を含めて水系全体に目を配った保全の必要性が明らかになった研究であった。